ブログ

DSC_0001
本日2軒目のレンジフード換気扇
外観は比較的汚れも目立たない感じでした。
DSC_0002
パネルを外し洗剤を塗布した状態
やはりかなりの油が付着。
DSC_0007
全体的に油が付着しいました。
DSC_0004
シロッコファンに付着した油とほこり
DSC_0006
ファンハウジング内に溜まった油
DSC_0008
洗浄後のキレイになったシロッコファン
before
DSC_00071
クリーニング前の汚れた状態

horizontal
after
DSC_0012
クリーニング後の状態
キレイに復活
DSC_0013
全体の拭き上げを行い作業終了です。
ピカピカになりました。
DSC_0014
パナソニック レンジフード換気扇
下部中央は風調板を開けた内側の状態、かなりの油が付着していました。

画像をクリックすると拡大できます
DSC_0015
中央部の全体の汚れ
DSC_0016
フィルター周辺の油汚れ
フィルターは油でほぼ目ずまりしていました。
この状態では本来のレンジフード換気扇の役割が期待できないですね。
DSC_6117
クリーニング後の状態
フィルターの写真がピンボケで掲載できません
m(__)m
DSC_6118
パネルを取り付けた状態
中央に少しシミのようになっています。
これはパネルに塗装した塗料には油分が含まれており長年レンジフード換気扇のお掃除を行っていないとファンから落ちてきた油が浸透し塗装を落としてしまいます。
レンジフード換気扇のお掃除って油がなかなか落ちない為大変ですよね!
一般的にフィルターの洗浄は行われているご家庭は多数いらっしゃいますが、ファンやファンハウジングの清掃ともなると分解が必要となるため取り外してのお掃除は時間と労力を費やします。
しっかりと汚れを除去するために一度プロに頼んでみてはいかがですか?
またまた日立の洗濯機完全分解です。
パルセーターを開けてお見せしましたところ「開けてビックリ カビだらけ」でした。
とにかく早く作業をと言われましたが、約2週間待ちでした。
DSC_6095
とにかくお客様はビックリ
こんな状態で洗濯していたなんて~~
キレイにするどころか「カビの中で洗濯している」みたいで気持ち悪い!と・・・。
ビフォー・アフターで比較してくださいね。


画像をクリックすると拡大

before
DSC_6096
リングとパルセーター裏面に付着した「洗剤とカビ」
horizontal
after
DSC_6102
洗浄し真っ白に
before
DSC_6101
上部のリング
horizontal
after
DSC_6103
洗浄後のリングとパルセーター表面
before
DSC_6104
洗濯中に水が通り糸くずフィルターが付いている裏側に付着した汚れ。
horizontal
after
DSC_6107
脱水槽もパーツも元の色に
before
DSC_6099
全体的に茶色く変色
(ステンレスってこんな色?)
horizontal
after
DSC_6110
本来のステンレスの色が
こんなにピカピカになります。
before
DSC_6100
石鹸がこびり付いて色が茶色くなっています。
horizontal
after
DSC_6108
本来の色が現れました。
まだ少し洗剤が残っているのでここから再度汚れ落とし。
before
DSC_6098
外槽もカビだらけ
horizontal
after
DSC_6112
真っ白に!
DSC_6114
洗浄後組み立てて作業完了!
内部・外観共にピッカピカになりました。
時間はかかりましたが、お客様に大変喜んで頂きました。
大変でしたがお客様の笑顔を拝見し、お陰様で仕事への活力となりました。
ご自宅の洗濯機もかなり汚れが付着しているのでは???
ページトップへ戻る