ブログ

DSC_5927
洗濯機完全分解 日立ビートウオッシュ(4年間使用、2016年製)
何と4年でこれだけ汚れてしまうんですね!とお客様がビックリされていました。
お客様:本当にキレイになるのですか・・・?
おそうじ本舗:任せてください!ピッカピカに仕上げますよプロにお任せください。

パーツ洗浄に2時間、さてどれだけキレイになったのでしょう?
ビフォー・アフターで比較してみましょう。
before
DSC_5928
パルセーターを外した底の部分
horizontal
after
DSC_5931
洗浄の結果は?
ご覧の通りにピカピカに。
before
DSC_5922
パルセーターの裏側
カビや石鹸カスがびっしり付着。
洗濯中にワカメみたいなものが浮いてくるって奥様が言われていたのは、ここに付着したいた物体!
horizontal
after
DSC_5934
見事にピッカピカです。
before
DSC_5925
脱水槽の裏面
ここにも浮遊物の原因となるものが。
horizontal
after
DSC_5929
どんなに汚れていてもプロは違いますね~~~って言っていただきました
before
DSC_59271
ワカメの原因はここにも。。。
horizontal
after
DSC_5930
新品 ・・・
DSC_5933
上部のカバーも丸洗い(もちろん中蓋も洗浄)

洗濯機の中は全くと言って良いほど状況が見えません。
約1年もすれば「カビ」「石鹸カス」「衣類の繊維」などが洗濯槽の中に蓄積されてしまいます。
黒い物体(カビ)やワカメみたいな薄い膜のようなものが洗濯物に付着したいたら洗濯機の内部はほぼ間違いなくこのような状態です。
キレイに洗濯しているようで、カビを付着させてしまいます。
理想は1年に1度の分解清掃がおすすめです。(エアコンも同様)
湿気のある所には必ず「カビ」が発生し菌も付着していきます。
健康維持のためにも洗濯機完全分解清掃しましょう。
DSC_6132
リピーターのお客様からのご依頼で浴室配管内の雑菌を計測してみました
何と 64.095 という数値が計測で表示されました。
これは一般の公衆トイレの床のなんと6倍!(公衆トイレは約10.000~11.000)
トイレの床より雑菌の多いお風呂だったとは・・・
で早速追い焚き配管のクリーニングをご注文を頂きました。

画像をクリックすると拡大します。
DSC_6080
配管に洗剤(除菌剤・発泡剤)を投入後、漬け置き!
発泡剤の効果で汚れが少しづつ出てきています。
DSC_6082
漬け置きTIME終了!
本格的に洗浄スタート!
TVで話題のシャワー、ファインバブルで腕に書いた油性マジックが消えるCMはご存じですよね。
おそうじ本舗の追い焚き配管クリーニングではこのファインバブル発生機を使用し洗剤の効果を最大限に引き出して洗浄します。
DSC_6083
洗剤の泡が消えたところでお湯の濁りが確認できます。
透明度が落ちていますよね
何だか少し茶色いかな?あと汚れも浮いています。
こんなお風呂に入っていたなんて~~~っておしゃっていました。
あとはキレイに洗浄し作業終了です。

汚れを数値化 (ルミテスター使用)

16018821131571
洗浄前の雑菌数値が 64.095
洗浄後 178 まで減少。
※おそうじ本舗では500以下が合格ラインと設定しています。

安心してごバスタイムをお楽しみください。
DSC_6086
何とあの「お醤油で有名なキッコーマン」製
ルミテスター
自社の衛生管理に厳しく取りくんでいらっしゃる企業さんですね。
洗濯機完全分解 日立ビートウオッシュ BW-D8KV
2010年製の洗濯機、最近洗濯物に異物が付着するとの事でのご依頼でした。
DSC_6049
日立ビートウオッシュ BW-D8KV
DSC_6051
外観はきれいな状態でしたが・・・
DSC_6057
ビスを外して裏面を見ると「カビ」と繊維カスや皮脂汚れが付着
DSC_6058
排水経路にも同様に付着
DSC_6064

DSC_6062

洗浄前と洗浄後 画像をクリックで拡大

before
DSC_6059
洗濯槽の内部
パルセーター(蓋を開けた時に見える円盤)を外した状態、裏とその下部に石鹸カス・皮脂汚れ・カビが見受けられます。
horizontal
after
DSC_6069
分解洗浄後の状態
キレイになった内部!
before
DSC_6068
脱水槽
洗濯物を入れるところ。
裏返してみると石鹸の固まりやカビが多数付着(固着)
horizontal
after
DSC_6074
かなり頑固な汚れでしたが、専用洗剤で漬け置き後ブラシで洗浄。隅々までキレイに!
before
DSC_60641
脱水槽の外側
かなり頑固に汚れが固着。
horizontal
after
DSC_60711
本来のステンレスの輝きを取り返しました。
ピッカピカに(まるで新品)
before
DSC_60621
外槽と言われる部分
通常はカバーで隠れて見ることが無い部分です。脱水槽を取り出した状態。
こちらもカビ・石鹸カス・皮脂汚れが固着していました。
horizontal
after
DSC_6075
同じく洗剤で漬け置き後洗浄。
真っ白に仕上がり~~~!
before
DSC_60571
いたるところに汚れが~~~
horizontal
after
DSC_6076
こちらも真っ白に!
DSC_6071
周りの風景が映り込んでいます。
DSC_6070
蓋も分解ししっかり洗浄!
DSC_6077
全ての部品を洗浄し元通りに組み上げ分解清掃の完了です。
とにかく日立の洗濯機はビスが多く分解・組み立てが大変ですがしっかりした商品ですね。

ページトップへ戻る