ブログ

DSC_5756
日立RAS-S28C お掃除機能付きエアコン
お掃除機能付きと思って安心されていたようです。
DSC_5757
フィルターを外してみるとアルミフィンにほこりがビッシリ張り付いていました。
before
DSC_5758
上部は掃除機とブラシでほこりを吸い取っている途中です。
下部も取り除いた後➡➡➡
horizontal
after
DSC_5761
専用のエアコン洗浄剤と高圧洗浄機で汚れを洗い流しました。
before
DSC_5759
カビやほこりが一番溜まりやすく臭いの発生源、シロッコファン。
たっぷり汚れが付着していました。
horizontal
after
DSC_5760
汚れが完全に落ちるまで洗浄
よく主婦の対話で、うちのエアコンはお掃除機能付きだから大丈夫!って言われている方がいらっしゃるそうです。
販売店の方にノーメンテナンスで手間いらずですよなんて言われたのでしょうか?
取説には「定期的にフィルターとダストBOX」は洗浄してくださいと書かれています!
実はお掃除機能付きは非常に日頃のお手入れに手間がかかってしまいます。
フィルターとダストBOXが外しにくいのです。
キレイな環境(空気)をキープするために是非お掃除してください。
お手入れしないと「カビやほこり」をまき散らしてしまいます。
DSC_57141
5月29日から6月1日の4日間
レンジフードのクリーニングが連続で4軒!
やはり気温の上昇とともに今まで固まっていた油が緩み始めて油垂れが始まります。

とはいっても長年お掃除していなかったレンジフード、いざキレイにと思っても油でファンが外れない
今回は2件が通常の作業では外れませんでした。専用の秘密兵器で難なく取り外しましたが、住宅メーカー・ガス屋さんが見に来られて20分程度悪戦苦闘されたそうですが、答えは交換しか方法はないとの返答だったそうです。

DSC_5700
これはプロペラタイプですが、大半はシロッコファンが取り付けられています。
とは言っても今回このタイプでもファン取り外しのナットが回らない為ご自身でお掃除できなく訪問しました。
DSC_29682
主流のレンジフード
右のシロッコファンがこの中についています。
ファンハウジング内全体に油が、下部は垂れた油が固まっていました。
B315
これがシロッコファン
ファンの溝に油が付着すると排気効率が悪くなり油煙がリビングに流れ出してしまいます。
油だけではなく汚れは年月が経過すると落とせる汚れも落とせません!
仮に落ちたとしてもシミが残ったりレンジフードの場合塗装が剥がれてしまいます。
(塗料には油成分が含まれそこに油が付着すると塗装と一体化してしまいます)
やはり定期的にクリーニングを行う必要があります!
理想は1年に1回です。お掃除のタイミングは年末の大掃除ではなく暖かくなる5~7月!
気温の上昇で油が落としやすくなっていますのでお勧めですよ
※レンジフードが汚れていると油煙が家全体に広がり油っぽくなってきます
またエアコンの中に油煙が吸い込まれカビの発生元となり部屋中にカビが拡散しまいます。
9eaf71b768816baf50c34c55904a731c2
リビングのエアコンを分解してみるとファンと吹出し口に油とほこりが付着!
これを繰り返した結果すごいことに
夏を快適どころではなかったですね。(お掃除機能付きで安心だと思っていたら・・・)

コロナウイルスの影響でご自宅で過ごす時間が多くなっていると思います。
快適に過ごすためにも一度ご自宅の「レンジフード」「エアコン」の中をチェックしてみてください。
エアコンにカビが発生しているとカビアレルギーのなる場合があります。要注意!
ご年配のご夫婦のご自宅でした。
浴室全体に「カビ・皮脂汚れ・石鹸カス」が付着していました。
before
DSC_5690
窓のパッキン部分にカビと汚れが付着。
パッキン部は一度カビが発生すると完全に落としきることが難しい部分です。(カビは根が生えるってTV-CMで言っていますよね)
horizontal
after
DSC_5705
長時間カビ除去剤で漬け置き。
かなり白さを取り戻したもののやはり完全除去は出来ませんでした。
※早めの対応であればもっと綺麗にできます
before
DSC_5691
浴槽用水栓金具
かなり頑固に水垢が付着していました。
horizontal
after
DSC_5704
専用の水垢落としで漬け置き後専用シートで研磨。
水垢がかなり固く何度も繰り返し作業
before
DSC_5692
鏡のウロコと収納部分の汚れ
horizontal
after
DSC_5709
鏡は電動工具と鏡専用の研磨剤でウロコ取り、収納部分は汚れ落とし洗剤と水垢落とし洗剤で汚れ落とし
before
DSC_5697
入口ドアー全体に「カビ・石鹸カス・水垢」が付着
horizontal
after
DSC_5710
こちらも専用洗剤で漬け置き後洗浄。
汚れが落ちドアの白さもUp!
before
DSC_5696
天井・壁面ともにカビが発生。
horizontal
after
DSC_5706
浴室用専用洗剤とカビ取り剤で漬け置き後洗浄。
黒ずみもスッキリ
before
DSC_5701
長年の汚れが付着した水栓金具
horizontal
after
DSC_5703
やはり汚れが固着!とにかく固い!!
でもここまで復活
before
DSC_5698
天井のカビ
horizontal
after
DSC_5711
時間をかけ洗浄。
少しシミが残りましたが、汚れはほぼ目立たなくなりました。
これから梅雨シーズン突入です!
梅雨といえばやはり「カビ」が大量に発生する時期ですね。
浴室だけではなく「洗濯機の中」にも・・・。洗濯中にワカメのような浮遊物や黒い物体(カビ)があればかなりの汚れが見えない箇所に付着しています。
(ブログやビフォーアフターに掲載しています)
洗濯機クリーニングを行われたご家庭は、こんな汚れた中で洗濯していたんですね!キレイに洗濯しているつもりでも、こんなに汚れた水で洗濯していたなんて・・・ゾーッとしました。
っておっしゃっていました。

どんな箇所の汚れも早めの対策必要ですね!一度こびりついた汚れは落としにくく仮に落とせたとしてもシミが残るケースが多く見受けられます。さらに菌が発生し健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。特にカビ!カビはどこにでも発生します。エアコンは見えないところからカビが発生し吹き出し口やファンに付着、室内にカビをまき散らします
カビ発生シーズンはエアコンクリーニングシーズンでもあります。早めに対策をとりましょう。
ページトップへ戻る