洗濯機完全分解洗浄 三菱MAWーV7TP

2019年3月11日

洗濯機完全分解洗浄
三菱MAW-V7TPの分解洗浄のご依頼
洗濯機のふたを開けると丸い回転する部分(パルセーター)が見えます。
表面は綺麗ですが取り外してみると裏面は石鹸カスやカビが付着しています。
なかなか見る機会ってありませんよね!
ステンレスの穴のあいた槽(脱水槽)の裏面にもまた汚れが、底の部分にはかなり強めの汚れが付着しています。(定期的に市販の洗濯槽クリーナーを使用していても落としきれない部分)
分解洗浄でしか落とせない汚れです。
DSC_3739
表面上は綺麗に見えている全自動洗濯機ですが分解してみると・・・。
before
DSC_3740
パルセーターの裏側の汚れです。
horizontal
after
DSC_3749
専用洗剤とブラッシング、高圧洗浄後の状態。
DSC_3744
ステンレスの脱水槽
DSC_3743
分解しないと見えない底の部分
共に石鹸カスやカビが付着していました。
before
DSC_3747
一番外側にある外槽と言われる部分
かなり色々な汚れが付着しています。
※いくら市販の洗浄剤を使用していてもこのような状態です。ここに付着している物が(わかめの色が薄茶色の様な浮遊物)が浮いてきたら要注意です!
horizontal
after
DSC_3748
専用洗剤でキレイに洗浄、汚れを除去。
before
DSC_3745
脱水槽は専用洗剤で汚れやサビをを落とし、高圧洗浄機にて洗浄します。
horizontal
after
DSC_3754
白い部分が細かく分かれていて、なかなか汚れが取れません。(かなりの時間、洗剤で浸け置き後)高圧洗浄を行います。本来のステンレスの輝きが復活!
before
DSC_3743
サビや汚れが付着しています。
horizontal
after
DSC_3755
ここまで洗浄します。
三菱の製品は金属部分に鉄を使用せずダイキャストと思われる素材を使用(サビ防止)腐食している部分は完全に汚れが落としきれません。
サビ落としの洗剤やワイヤーブラシ等使用し汚れをかき出しましたが中央部分は限界でした。

before
DSC_3752
糸くずキャッチャーが付いている部分(循環ホース)の裏側、汚れの固まりが出てきました。
horizontal
after
DSC_3753
洗剤・ブラシ・高圧洗浄機でキレイになった循環ホース。(ホースではないのですが水が循環している部分の為に付けられた部品名です)
ほぼ毎日使用する洗濯機。汚れた衣類をきれいに洗濯しているつもりが、こんなに汚れた状態で洗濯が行われています。ゾッとしますよね!
自宅の洗濯機で実験してみたのですが、分解洗浄後6か月間は市販の洗濯槽洗剤で毎月洗浄を行いましたが、海藻みたいな(わかめの色が薄い浮遊物)が出てくるようになりました。
健康の為にも1年に1度の分解洗浄がオススメです。
特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭は、まず1度、洗濯機完全分解洗浄を行って下さい。

おそうじ本舗宇都宮インターパーク店では

昨年度エアコン洗浄の繁忙期にお客様にお待ちいただきご迷惑をおかけしたケースが発生した為、『超早割キャンペーン』を実施しております。

2020年3月1日~31日まで『お得な割引キャンペーン』を実施してります。

エアコン1台につき➡で¥2.000円引き!

お見積り・ご相談は無料です。おそうじのアドバイスもさせて頂いています

宇都宮インターパーク店 吉田まで! お気軽にどうぞ

TEL 0120-900-792  直通携帯電話  080-8811-6980

ページトップへ戻る